劇団東京べれゑ 3日間だけの復活!東京五輪記念公演





ごあいさつ


お待たせしました! 

桜咲く2020年4月東京オリンピックの年に

「劇団東京べれゑ」の復活公演が決定!

 

この話が出たのは3年前。表参道「まい泉」での東京べれゑ同窓会だった。懐かしい顔顔顔が集ったノスタルジックな雰囲気の中でポロっとでた冗談話から動き出した。

公演のテーマは「遺言(いごん)」。2000年の結成以来20年の歳月が流れ団員の平均年齢が還暦を超え・・。もし途中で逝ったとしても大丈夫な台本になってます(笑)。

けっして上手くはないが、今回も癖が強く観客を魅了する芝居を目指し、今、出演者は毎週稽古に励んでいるという状況です。

 

「劇団東京べれゑ」最初で最後の復活公演に乞うご期待くださりませ!

 

 


「劇団東京べれゑ」復活公演 言出屁(いいだしっぺ)/黒澤淳一


「人はなぜ生きるのでしょう?」

その質問に、かの有名なアリストテレスもパスカルもフロイトもトルストイもカントもプラトンもソクラテスもこう答えています。

「幸せになるためだ」と。

 

では、

「人はなぜ何かを残そうとするのでしょう?」

この質問に科学者はDNAの中に刻み込まれた「種の保存のためだ」と答えるでしょうか?

それとも、そもそも、人が生きているのが幸せになるためだとしたら、それは、個としてとても無意味なようにも思います。

 

では、

「劇団東京べれゑはなぜ3日間だけ復活するのでしょう?」

この答えは……

「○○になるためだ」

この〇〇の中は劇場の中でたぶん、分かると思います。